平成30年  
4月            
                 
    平成28年度の反省
      前年度に引き続き、一人ひとりの子どもたちと丁寧に向き合い
      個々の思いを保育者がしっかりと受け止めることを心掛けました。
      又、日々の保育を行う上で、保護者の方との情報の共有はとても大切であり、
      子どもたち同様、信頼関係を築いていきたいと思います。

    平成29年度の目標
      一人ひとりが自分らしさを十分に発揮し、表現できるような環境を整え、
      保育者はその思いを見逃さず、受け止めていけるよう、保育者自身の
      スキルアップもはかりながら、保育を行っていきたいと思います。
▲ このページのトップに戻る
平成30年  
4月            
                 
                 
▲ このページのトップに戻る
平成30年  
4月            
               
▲ このページのトップに戻る